越谷

面積が狭い

蕨市は埼玉県の東南部、東京都もほど近い市です。川口市、戸田市、さいたま市と隣接しています。この市の最大の特徴はなんといっても「面積が狭い」こと。全国の市町村でももっとも面積が狭い市であり、区町村を含めたすべての自治体の中でも10番目の狭さ、そのため人口密度も高く、全国の市町村の中でもっとも密度が高い地域となっています。

 

古くから蕨宿が置かれ、中山道の宿場町として繁栄してきました。蕨市という印象的な名称の由来に関しては諸説があり、もっとも有力なのが「藁火」説。この説は源義経が煙が立ち昇る様子を見て付けたという説と、在原業平がこの地を訪れた際に藁をたいてもてなしを受けたことから付けられたという説の2種類があります。それからもうひとつが植物の名称から付けられたというもの。蕨市の周辺には青木や笹目、美女木といった植物由来の地名があり、それに基づいて付けられたというのです。どちらかははっきりとはわかっていません。

 

地名がはっきりないのも歴史が古いから、文献上ではじめて登場するのが1352年。当時既に蕨郷が存在しており、非常に古くから人々が住み、村落が形成されていたことがわかります。

 

なお、市名もあり、市の象徴はケヤキやサツキ、ニチニチソウといった植物。また、名称との類似から動物のワラビーが市制30周年の1989年にマスコットキャラクターとして定められています。さらに2009年には市制50周年を記念して「エンジェルわらぶー」という子豚をイメージしたマスコットキャラクターが登場しています。


激安風俗なら千葉デリヘルスタイル

千葉風俗デリヘル情報!船橋・松戸・柏・成田など、千葉県全域の優良店を厳選紹介!
www.fuzoku-chiba49.com/