越谷

史跡

草加市の歴史は中世初期にまで遡ります。また、江戸時代には旧日光街道の宿場町として繁栄してきた歴史もあります。それだけに草加市内にもその名残を伝える史跡がいくつか見られます。

 

草加市の史跡ではまず遺跡が挙げられます。古墳時代にはすでに人が暮らしていた痕跡が残されており、毛長川流域に蜻蛉遺跡があるほか、西地総田遺跡、東地総田遺跡などが発見・発掘されています。西地総田遺跡は1982年、市内で最初に発掘調査が行われた遺跡として知られていますし、東地総田遺跡は青銅鏡を元に作られた土製の鏡が出土し話題になりました。これらの遺跡が発掘された出土品は歴史民俗資料館に展示されており、誰でも手軽に歴史に触れることができます。

 

より身近な史跡としては建造物があります。代表例として挙げられるのが富士浅間神社。草加市瀬崎にあるこの神社の本殿は天保年間に建てられたもので、「宮彫彫刻」と呼ばれる技法による優れた彫刻が特徴的です。市指定有形文化財にも指定されています。それから草加市柿木町にある東漸院山門。これは江戸中期に立てられた山門で、理想的な四脚門の造りと立派な彫刻が美術的にも高く評価されています。ほかにも東福寺山門や草加神社本殿なども市を代表する史跡として挙げられるでしょう。

 

こうした史跡を辿って草加市内を巡ってみるのも楽しいのではないでしょうか。地元に住んでいる人も思わぬ市の歴史の痕跡と出合うことができるかもしれません。


神奈川の風俗選びは神奈川デリヘルスタイル

川崎 相模原 町田 厚木 大和 横浜 横須賀 小田原の、神奈川の優良風俗デリヘルを紹介!
www.fuzoku-kanagawa49.com/