越谷

越谷の古墳時代の遺跡

越谷市には、古墳時代の遺跡があります。越谷レイクタウン駅の北口広場には、見田方遺跡という集落遺跡があり、この遺跡では、発掘調査が行われていました。ここは、古墳時代後期のものが数多く出土する場所としても知られています。見田方遺跡では、土師器や須恵器などが多く出土しているほか、石器類なども目立ちます。また、住居跡なども出土しているようで、住居に使った柱や板などもたくさん発掘されているといわれています。

 

見田方遺跡では、古墳時代の遺跡ならではの出土品として、管玉や紡錘車などの装身具も見つかっています。このような遺跡からの出土品は、越谷の古代文化や、越谷に住んでいた人の生活などがわかるものであるために、当時の生活や環境について考えるためには最適の資料とされています。

 

この遺跡は、かつて見田方遺跡公園として整備されていましたが、開発によって越谷レイクタウンができたことから、今では、土師器、須恵器などの発掘品については、市立図書館などに保管されているようです。

 

見田方遺跡があるあたりは、低い土地であることが特徴で、水田地帯となっているところも多くあるため、川の浸食によって遺跡が失われているところも多いそうです。しかし、越谷レイクタウンなどでは、まだ発掘調査が行われていない場所も多くあるといわれています。そのことから、遺跡の発掘調査が行われていない場所については、今後、公園として現状保存される予定となっているようです。


動脈硬化の治療

動脈硬化の原因や症状、改善方法などをお届けしています。
www.doumyakukouka.info/


南越谷阿波踊りは日本三大阿波踊りの1つに数えられている

徳島で行われる阿波踊りは全国的な知名度を誇っています。しかし、他にも阿波踊りを名物としている地域は多く、徳島市阿波おどり、東京高円寺阿波おどりと共に日本三大阿波踊りに数えられているのが南越谷阿波踊りです。関東三大阿波踊りの1つに数えられることもあり、開催される8月下旬には多くの観光客が訪れます。

 

第1回が開催されたのは1985年のことであり、株式会社中央住宅の創業者、中内俊三氏が呼びかけて始まりました。中内俊三氏は徳島県出身の事業家であり、越谷市への恩返しを行う為に1983年より地元に根付くような文化を探し始めています。氏が注目したのは徳島で行われている阿波踊りであり、地元の商店街や自治会の協力、そして本場の徳島県の振興協会の指導もあって、1985年に行われた第1回の来場者は3万人を超えました。

 

それ以降も南越谷阿波踊りは毎年8月に開催されており、規模がどんどん大きくなっています。市を代表するイベントへと成長しており、様々な形態で楽しむことが出来るのが最大の魅力です。

 

「踊る阿呆に見る阿呆」のフレーズでもお馴染みの流し踊り、客席に座って舞台上の舞いを楽しむことの出来る舞台踊り、舞台の近くで鑑賞することの出来る組踊りなどが用意されています。一体感を味わいたいという方や、じっくり鑑賞したいという方など、ニーズに応じて参加する会場を選ぶことが可能です。大通りやホールなど、計10カ所以上で開催されており、様々なところで熱気を感じることが出来ます。

 

阿波踊りを楽しんだ後には越谷の風俗も楽しんでみたいという方は、越谷のデリヘルはいかがでしょうか。越谷のデリヘルは埼玉県内最大店舗数の大宮デリヘル店同様に、埼玉のデリヘル店の中でもレベルが高くリーズナブルに楽しめると評判ですので是非一度お試し下さい。


風俗なら越谷デリヘルスタイル

埼玉専門のデリバリーヘルス情報サイトです。最新デリヘル風俗情報をリアルタイムにお届け。
www.sai-deli.jp/


買物に便利な越谷レイクタウン

東京のベッドタウンとして開発が進んだ越谷では、2008年にニュータウンの越谷レイクタウンができました。越谷レイクタウンは、越谷市の南部にある225ヘクタールもある大規模なニュータウンで、人口は2万人を超えるニュータウンとして整備されました。新しく住宅を購入する人が、このニュータウンに住むことが多くなり、非常に人口が増えているようです。

 

この越谷レイクタウンの造成においては、治水工事や越谷市斎場の移転、調節池の造成などの開発を行っていますが、これにより、新しい町に作り変えられたとされています。今では、集合住宅、公園、商業施設などができていて、たとえば、タウン内には、日本で最大とされているショッピングセンターのイオンレイクタウンがあります。ここには、飲食店やシネマコンプレックス、アウトレットモール、トヨタオートモールなどがあって、越谷でも充実した商業施設となっています。

 

越谷レイクタウンには、上野公園の不忍池の3倍の広さのある調節池があり、この大相模調整池には、自然が楽しめる遊歩道や桟橋などがあります。ここは、ヨットやカヌーといったレジャーを楽しむ人などでにぎわっているようです。さらに、越谷レイクタウン駅北口駅前には、見田方遺跡公園があります。この公園は、竪穴式の住居や郷土資料収納館などがあるため、新しくできた町でありつつも、歴史が感じられる街となっていることが特徴の、良好な環境が人気となっています。